病院での治療方法は主に3つ!あなたはどの方法でイボを取りますか?

首や顔などに、イボができてしまい
「見た目も気になるので取り除きたい。」
と思う人はたくさんいると思います。

 

イボは一般的に小さな傷からウィルスが入り込みできてしまうものと、年齢を重ねて行くことでターンオーバーが弱まり角質が固まることでできるものがあります。

 

自分で簡単に取り除けるものならばやってみたいと思います。
ですが、痛みがあったりたくさん出血したりばい菌が入り化膿してしまうと怖いので病院に行って治療を受けるという人も多いでしょう。

 

病院で治療を受けイボを取り除いてもらう方法としてレーザー・液体窒素・内服薬という方法があります。

 

レーザーで取り除く場合には、肌に負担をかけないようにピンポイントで行います。

 

出血も少なく痛みを感じにくい・跡が残りにくいのが特徴です。

 

しかし、イボの大きさや数・種類によって治療期間や料金が違ってきます。

 

病院によっても違ってきたり保険がきかない場合があるので相談・確認をした方が良いでしょう。
治療前に金額の確認はするようにしてください。

 

液体窒素で取り除く場合には、マイナス196℃にもなる液体窒素を綿棒につけイボに押し付けて焼き切ってしまうという方法です。

 

低温やけどをおこさせるという方法なので人によっては痛みをひどく感じる人もいるようです。

 

料金はレーザー治療よりも安くなりますが、根の確実に取り除けていないとまたできてしまうことがあります。
そうなると、なんども繰り返し治療を行わなくてはいけません。

 

内服薬でイボを治療する場合には、イボの治療の他にも免疫力の向上・吹き出の物にも効果があると言われているヨクイニンを飲むことになります。
ヨクイニンはハトムギから抽出した成分です。

 

「ハトムギはイボに効果がある。」
と有名ですよね。

 

 

内服薬は痛みを感じることはありませんが、効果が出やすいもの出にくいものがあるので、医師に症状を確認してもらう必要があります。
効果が全く出ない人も中にはいます。

 

 

そこで、おすすめなのが自分でイボを摂ることができるオールインワンジェル艶つや習慣(つやつや習慣)です。

 

イボができている部分に艶つや習慣を塗り、マッサージをすることで使っていくうちにイボが黒っぽく枯れたようになりポロリと取れます。

 

痛みもなく、定期便で申し込むと手軽に購入する事ができます。

 

ポツポツイボが気になるという人は一度使ってみてはいかがでしょうか。

 

病院での治療に、
「コワイ。」
「最終手段としてとっておきたい。」
「痛いのはイヤ」
というのなら、まずは艶つや習慣を試してみてくださいね。